FC2ブログ

2020年抱負

2020年01月14日 02:07

img001_1.jpg


あけましておめでとうございます。

阿部ぷねおでございます。

ひさびさのひさでございます。


去年は、たいへんの大変にお世話になります。

荒れたい放題で、呆れて声も出ない方もいたでしょう。

わかりますわかります。

最後の仕事の日まで、がくりとくる2019年でした。仕事納めに、正直泣きそうでした。



でもいいのです。

だって、2020年になったんですから。



さて、今年はどんな年になるでしょうか?

僕の今年は、「リセット」の年と捉えています。



去年を振り返ってみると、

1月。ボランティアが終わって一息。

2月。エフェクト全てを手掛けたゲームが出る。高知行きがなくなる。広島コミケで初めてスケブを頼まれる。

3月。韮崎市まで行って、町おこし協力隊になるか悩むがならず。2年契約満了でアパート引っ越す。

4月。仕事、新しいプロジェクト始まる。会社辞めるタイミングを失う。

5月。心療内科に行ってカウンセリングを受ける。

6月。引き続きカウンセリングを受ける。受け終わる。

7月。Twitter、約10年ぶりに再開。

8月。佐渡に行く。恋愛などに見切りをつける。代わりになるものを探し始める。

9月。今の仕事に完全に見切りをつける。自主製作を始める。Twitter嫌になる。

10月。漫画描き始める。Twitter嫌になる。

11月。コミティアに出る。なにも売れずもイキる。Twitter嫌になる。

12月。全てに疲れる。



すみません。凄い暗いです。

去年は、「本当に何も成らない年」でした。

いや、正確には「何も成らないんだなと思った年」でした。

きっと何かは成っていたんでしょうけど、それに気付けるほどの余裕が全くない。

2018年にわざわざ高知まで挨拶に行ったけど向こうから断られて希望だった地方に出ていく機会は失われ、

2年続けたボランティアを次に生かすことを諦め、

これが終わったらやめようと思っていたゲームが作り終わったと思ったらすぐに次のプロジェクトが始まってしまって仕事を辞めることも諦め、

人を好きになることも諦め。

自分の売りが誠実さ真面目さだと思うことに、本当に心底心底心底嫌気がさしました。

これだけ尽くしても誰も答えてくれない。
(この部分がすごいこじれてた。もともと僕には「雰囲気的に言わなくてもわかるでしょ?」と思いがちな癖があることに気付いている。)

これらの代わりになるものを自分の中に作ろうと躍起になってみてはみるものの、

結局それそのものが取り戻せるわけじゃないから、ストレスは溜まるばかり。

Twitterの発言(みんな匿名だからこそ言えるようなことを平気でみんな言い合ってること)に、気が狂いそうになること数知れず。
(僕は本名でやってるので、みんなが平気で言ってるようなことを気軽に言えないストレスがある。)



いあ~、荒れに荒れました。

でも、年末実家に帰って思ったことがありまして、

何も掛け値なしに、僕はここ(実家)にいていいんだなあと思ったことでした。

疲れたら帰っておいで、ってよく言うけどその通りなんだなと思いました。


ボランティアを始めたくらいから思ってたことですが、

自宅アパートにいながらも常に何かを自分に求めていないと、自分の無価値さにイライラしていました。

今いるところに引っ越してきたのが2019年の3月。

ボランティアは終わっていましたが、すっごく忙しくしていた2年間が染みついて、以前の自分がどんなだったか思い出すことで精いっぱい。

カラーソックスを見ること買うことが好きだったこと一つを思い出して、少し気が楽になったりしました。

平日の朝に、突然頭がおかしくなりそうで会社休んで自転車で走り回ったりしました。



本当に自分の相手をよくやったもんです。

なので今年の抱負は「何もかもを手放す」です。


今は昔の続きなので、続けようと思えば続けられてしまいます。

今の自分の中で残したいものがつかめない以上、いったん全てを手放して(諦めるんでなくて)、

何がしたかったのか、観測できるくらいに辺りを更地にする必要があります。


なので「リセット」という言葉を使いました。

ここまで書き着くのに、すごい長かった…。


ですので、すべて手放します。

仕事も、創作も、地方も、恋愛も。全て。


何をしようか、具体的には台湾や四国の自転車旅に出たいとか、

弟と自転車レースに出るとかありますが(これは実際めっちゃ楽しみにしてる!!)、

何を始めるにも、始める前に自分に尋ねようと思ってます。

「それは楽しい(楽しそう)と思えることなのか?」

「辛いこと」は、すぐに楽しいことに変えられること(スポーツとか)なら大丈夫ですが、

何かを遂げるために~とか、こういう自分になりたい~、とかいうもののために辛いだろうことはしません。

まったくする気がないです。

漫画とかの創作については、この部分がぶつかってしまっていて進んでいません。

でもいいです。

あ、期待していた方がいたらごめんなさい。


これだけ毒を吐きましたが、気持ちが決まったので今はかなり楽になりました。

Twitterも向いてないことにずっと気付いていましたが、やはり向いてないので

こっちのブログを昔のようにちょくちょく更新したいと思ってます。

もちろんそれも「楽しいかどうか?」を尋ねてからになりますが。



この抱負、当初は適当にいいところだけ書くつもりでしたが、思わぬ大蛇がでてきてしまってすみません…。

今年はこういうことを書くことが少ないといいなあ。



あ、一応書きますが、色々あるのは人間当たり前なので、リアルで僕に会っても別にこのことらについて触れてもらって構いません。

聞きたければ聞いてください。気を使わないでくださると幸いです。

こうやって言わせてもらってるので、聞くこともしたいです。


あなたの2020年も、楽しいものになりますように。

ではまた。



■2020年の抱負(まとめ)
・「楽しいこと」をする(全てのベースの考え方)
・弟と自転車レースに出る(超楽しみ!!優勝目指す!!)
・会社辞める(一方でとても感謝してます)
・台湾・四国自転車旅に出る(2島制覇ジャージほしい!!)


令和二年一月十四日 阿部ぷねお

スポンサーサイト



誕生日プレゼントはうどんにしますか?《 香川高松 高速バス弾丸1泊4日 》

2019年12月23日 02:08

気づいたら朝で、気づいたら目の前が瀬戸内海で、普通の生活がここにあったら。

毎日の風景が目の前の風景だったら。

眠りたいような、眠りたくないような、ぼんやりした頭でそんなことを思う。

12月8日日曜日、午前7時。僕は高松駅にいた。


20191222_001_R.jpg



[ 続きを読む ]

10月創作進捗

2019年11月01日 01:31

皆様おこんばんみんちわ。

ぷねお、DEATH(です)。



はい。ちょっとクリエイティブになってみました。


すっかり更新もしなくなって、

「あいつもう戻ってこないじゃねー?」

「あいつイキってやがって、せいせいすんだよなー。」


とか思ってたそこの君。

NON - NON - NON-NO



何をしてたかって、自分のしたいことしてるんですよ。

自転車もいいけどね。というかすっごい乗りたいんだけどね。

ちょっと仕事とか将来とかわかんなくなり気味でね、

もうどうでもいいかーってなっててね、

なので好きなことしてます。

とりあえずわかりやすく言うと創作してます。



自転車もいいんだけどね、なんかね、

色々考えた結果、ゲーム作ってるせいか、やっぱり創作が先にきちゃうんだよねー。

実をいうと、絵はそんなに描くのすきじゃないんだけどね。すーんごいしんどいし。その割にうまくならないし。

でもこれ辞めたら、自分がわかんなくなるなーって、最近すごい思ってます。

焦りというよりそもそもそんなに量が多くないから絶対に譲れないというか、足から地面に根を生やそうというか、

最近流行ってるラグビーの、タックルを食らっても絶対に倒れたくない、倒れてやらないぞっていう、

なんか闘志みたいなものがずっと心に湧いてるんだよね。


夢ってなんだろうってここのところずーっと思ってたんだけど、

結局行動あっての夢だなーって。その後の夢かなーって。

僕はそんなに筆早くないから、すっごい進捗は遅いんだけど、

たとえ1年に一つの作品だとしても、ふんじばってやらんといかんぞって、そういう覚悟みたいなものが

腕を強く引っ張っていってる感じです。




まあ今回の進捗報告は何が言いたいかというと、

言うからにはちゃんと示そうよってことでね、

活動は一人なので、僕が何も言わなくなったら何もしてないのと一緒だからね。


今何してるのかなーって。

それを月イチでも報告会をしようと思います。


なんか今回雰囲気ざっくりですみません(笑)





■プロジェクトその1
とみさんの恋(仮)

■内容
漫画(去年描いた「トクシュカノカナメ」のスピンオフ)

■目的
同人誌として売る。シリーズ作りたい。

■締め切り
2020年2月9日(広島コミケ231)

■進捗
ネーム8枚(16ページ)※24ページ想定

■コメント
描くのは本当にしんどいんですが、各キャラクターの深みが知れたり、思いがけず知らない一面が出来たり、掛け合いが思いついたりして、そういうのはかなり楽しい。
今回の舞台は1953年の松山。この設定で描くってだけで個人的には自分で信じられないんですが、ちょうど今会社のある神保町で
古書市場まつりをやっているので、そこで当時の週刊新潮とかアサヒカメラとかそういうのを買ってみたりして、ちょっと作家気取り出来てます(笑)
1953年を調べててやっぱり戦後のしんどさとか、そこに生きてた人とかのことを考えたりして、この人達(漫画のキャラクターを指して)が頑張って生きてきたから
今の僕がいるのだなーって、既にそういう気持ちになったりしてます。
どんなふうにになるのか、この先が本番なのであと3ヶ月で終われるのか既に不安ですが、がんばります。

2019_11_01_001.jpg

2019_11_01_005.jpg




■プロジェクトその2
勲氏3D化計画

■内容
オリジナルキャラの3Dモデル化

■目的
モデリングスキル向上目的。何に使うとか考えてない。
後々ゲームを作ったら出す、とか。

■締め切り
2020年3月末日

■進捗
キャラデザラフを清書。
三面図作成。
素体モデリング開始(サバ読み10時間強)。

■コメント
こちらは昔考えてたゲームの女主人公を、デザインは気に入ってたのでせっかくだからモデリングの勉強がてら作ってみるか-。と思い立ってやってます。
本格的にモデリングをするのは実に10年ぶり。学生時代に課題で(今は亡き;;)ロビンウィリアムスとか作ってました。
顔が今後の鬼門です。何も覚えてません!体は普段の2Dからなんとなくこうかなーっていうのを頼りにできるんですが、顔は全然わからない(笑)
でも頑張ってSwitchゼルダのゼルダ姫みたいに出来たらなあと、妄想してます。あと手も難しい…(泣)

2019_11_01_003.jpg

2019_11_01_004.jpg

2019_11_01_002.jpg




今後はこの2プロジェクトを基本に自転車を漕ぐ、というスタイルで行こうと思います。

本当自転車乗りたいんだけど、引っ越しして自転車通勤も片道30kmになって少し遠くてしかも作業が夜わずかの時間しかできないからあまり踏み切れないでいます。

体力つけて150km位走ってキャンプとかしたいー。


あと温泉も。いい季節なので。

あとカメラ欲しい。サーフェスもほしい。ヘルメットもエアロハンドルも。




佐渡一周戦線 ~4日目~

2019年09月29日 12:47

窓を開けると、そこは大自然でした。

佐渡一周、4日目。最終日。


20190929_001.jpg



骨太かあちゃんの見本のような奥さんと、歩き方が特徴的で愛嬌のある旦那さん。

すだれ荘

建物も特徴的で、とても良い宿でした。

20190929_002.jpg



出かけようと荷物を自転車にくくりつけていたら、入り口の網戸の奥から「これから北に向かうんだけど、食べ物屋さんある?」という声が聞こえる。

その直後に、昨日のいかつい雰囲気のおじさんが入り口からのっそり出てきて、

入り口横に立て掛けてあった黒のロードバイクに、僕と同じように荷物をくくりつけ始める。

…やってしまった、同じサイクリストならもう少し話しかけておくべきだったか。

さっきの声はこのおじさんのものだ。

北にお店があるかどうか効いてた。僕は昨日その北から下ってきたから教えられる。

話しかけてみる。

「これから北は大野亀まで何もないですよ。」


話しかけると、硬い雰囲気を保ちつつこちらに振り返る。

どうやら今日帰るようで、このままだと北ルートはすぐに終わってしまいそうで寄れそうなお店を探しているようだった。

最後におじさんは、「お気をつけて」と言ってくれた。

もう少し早く分かってたらなあ。

20190929_003.jpg


予報では今日の最高気温は38℃。

距離的には40キロないくらいで、昼過ぎには来たときと同じ両津港に着きたい。

連日の暑さでそろそろ体力的にも限界気味。

20190929_004.jpg

20190929_005.jpg

20190929_006.jpg



その前に、寄りたかった佐渡金山へ。

結構高台にあったけど、金山内に入るとかなりひんやり。年間16℃とからしい。

20190929_007.jpg


江戸時代に開坑されて幕府を支える一大事業だったらしい佐渡金山抗

坑道のながさは、総延長400キロ(佐渡~東京間)とな…。

人間のパワー末恐ろしい。

20190929_007_1.jpg



入り口付近のスタッフのおじいさんが、

鉱山から出て暑そうにしている見えたんであろう僕に、

「鉱山に入って涼んで行きなさい。」

20190929_008.jpg



採掘に使われた機械類も展示してある。

20190929_009.jpg


もとは国の事業だったものが近代化に合わせて三菱に払い下げられて、1989年まで彫り続けられていたらしい。

人形も近代的格好。

ちょっとダルビッシュに似てる。

20190929_010.jpg

20190929_011.jpg

20190929_012.jpg



金山のシンボル「道遊の割戸」。

昔この山を掘った跡がこの縦に裂けた部分らしい。

今で言う埼玉秩父の武甲山か。

20190929_013.jpg


海岸線は風が強いしあまりに暑いしでほとんど写真も取れず。

途中にあった大きなスーパーで小一時間休憩しながら走る。

中央部は東西を山に挟まれているので、盆地のようなのか暑い気がする。

20190929_014.jpg


汗だくだくで両津港に到着。

2時出港の船もあったけど、ご飯とか休憩とか考えて4時出港に。

トイレを探していると今朝、すだれ荘で一緒だったいかつい雰囲気のおじさんとばったり。

なんとも言えない笑顔で会釈してくれた。くしゃっとしたかわいい感じ。

時間を見ると、昨日自分が8時間くらいかけて走った距離を、6時間くらいで走ってる。

そりゃ汗だくだ。

20190929_015.jpg

20190929_015_1_20190929181016783.jpg



行きのフェリーの中で食べられなかった、特製ハンバーガーを食べようと我慢してたけど、

出港30分前にしてフェリー乗り場の海藻ラーメンに負ける。

大野亀の海藻そばも美味しかったけど、海藻ラーメンも美味しい。

20190929_015_2.jpg




出港。

20190929_015_3.jpg

20190929_015_4.jpg





着港前に館内放送が入る。


本日は終戦記念日であり、海の安全を今日も全うできることに感謝します。(放送をすごくまとめた感じ)


特に何か言いたいわけじゃない文脈が、真に迫る感じ。

流れる風景と風と、やがてこっちにやってくるであろう水平線の夕日の線。

目の前の景色にその館内放送を重ねると、

74年前の今日も、同じように海上に船があって、その上に人がいて

ある人は乗ってる船が戦艦で、

ある人は乗ってる場所がインド洋で、

それらがたくさん散らばってて、

でも場所や状況を超えて、みんな同じ時間を共有したんだなあと思った・

すっかり終戦記念日を忘れていたけど、思いがけず深い気持ちになった。

20190929_017.jpg

20190929_017_1.jpg



船を降りて、今日のホテルへ。(温泉付きでここを選んだ。)

地図を見ると2キロくらい先なんだけど、輪行袋から自転車を出してホテルまで行ってまた輪行袋に入れて、

というのが面倒臭すぎて、全部歩くことにした。

どうせ今日で終わりだし。

20190929_018.jpg



新潟市歴史博物館の建物がライトアップされてまるでヨーロッパ。

なんかすごい冬っぽい写真になったけど、状況はまだまだ暑い。

でも確実に終わりが近づいている。

20190929_019.jpg

20190929_021.jpg


ホテルに入ってお風呂入って一段落したら、ホテルの並びにあるラーメン屋さんに入る。

財布と一緒に入れたカードキーを落としてしまって、お店を出るときに店員さんが気付いて止めてくれた。

20190929_022.jpg





久々の自転車旅が終わった。

正直で掛ける前は、本当に億劫だったんだけど、なんとか終わってくれてホット一息。


佐渡の景色は、本当にきれいな海、空、山、稲穂のオンパレードでおけさや鬼太鼓なども色濃く残っていて

日本の地形や文化をぎゅぎゅっと濃縮したようなイメージだった。1日追加してもっとゆっくり走ってもよかった。







それはそれとして、改めて自転車の辛さを知る。

いやほんと、なんでこんな不便なもので旅行なんて…。


よく考えると、自転車自身の楽しさというより、

自転車のスピードによって知った物事や人が面白いと感じてるんだろう。ということを昔も感じていたことを思い出した。

なのでもしかすると自転車旅自体はあまり好きではないかもしれない(笑)

だって絶対不便だし、汚くなるし、乗らないとただの大荷物だし。

でもまだ乗るんだろうなあ。仕方なく。

そういう付き合い方もあるだろう。


~2019年8月 佐渡一周戦線 終わり~


佐渡一周戦線 ~3日目~

2019年09月25日 22:26

泊まった宿の部屋を出たときの景色。

階段は見えてないことにする。

20190925_000.jpg



佐渡3日目。

[ 続きを読む ]


最近の記事