FC2ブログ

「こうのとり、たちずさんで」レビュー

2019年07月15日 00:08

難しい映画でした。

国境を超えてギリシャに逃れてきた人たちが

ギリシャ国民にもなれずに国境近くに追いやられ

国境の更に間に挟まれて

希望を持ちながらも、帰る家を未だ持てないでいる。

故郷を逃れて国境を超えたは良いものの

残してきた人たちにも傷は残り

あからさまに繋がりを残したままの(河を挟んで見える距離にいる)痛み。

きっと、どうして国境を超えたんだろう、と僕が彼らだったら、そう思う。

うまいこと言えないけど(そもそももう一回は見ないとはっきりとは分かりきれないけど)、

ずっしりとした苦しみが感じられました。


1991年の映画のようですが、

影の印象が強くて、特にバーがすごく雰囲気あって、

厚いカーテンがかけられているんですが、それがもうすっごい匂いがするようで

なんか小旅行した感じでした。


察する能力がないと理解するのに時間がかかりそうな映画ですが、

救いがあるのかないのか問われる、

僕の好きな映画でした。

見つめ合うシーンが、けっこう笑ってしまったけど。


スポンサーサイト

『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』レビュー

2019年06月29日 23:28

生きてていいんだなあ。

見終わったあと、なんか漠然とそう思った。

主人公ルーウィンは、彼女から言われたように確かにクズなのかもしれないけど、

そのクズさをみんな許容していて、どこかで心配してる。


僕の友達にも似たようなやつがいたりする。

すごく勉強家で分析的で優秀なんだけど、

すごく偏屈で、所構わず人の文句言ったり、

自分が嫌だって言ったことを、言ったそばからやってて

わざとかっ、っていらついたり。

でも時々、突然詩的なことを言ったりして、人は見かけによらないなあと

友達の中では一番にそう思うやつ。

でも仕事が大変なのか、疲れたり苛ついてたりして

たまに心配になる。

でもそうやって気を許してると、またやらかされたり。


まあ状況はぜんぜん違うけど、

失敗してもそれが普通、状況が悪くてもそれが普通、

悪態ついて相手の気を悪くしても普通、

それをどこかで気にかけてて謝って普通、

一日一日の出来る限りを生きて、それで駄目なら駄目。

その積み重ねが人の厚みになる。

最初と最後はそういう意味だったんだと思う。



ほんと数年ぶりにレンタルで映画見たけど、

それもあってか、なんかこうぐさって言うより、

ぐにゅって刺さった。

小さく優しく。



落とし物の一つを見つけた気分で、今とても心地よい。

最近は、お風呂より仕事中に聞いてるLo-fi Hip Hop をまた流して、今日は終了。
https://www.youtube.com/watch?v=hHW1oY26kxQ


微速前進(新規自転車購入)

2019年06月10日 00:26

あー、どうも。

闇落ちしてるぷねおです。

いや、別に闇落ちしたいわけじゃないんですが、

なんかこう、そういうイメージそろそろとりたいなって気持ちも、あるんですよ。

いつまでも落ちてても何も良いことないでしょ?

読んでる方もつまんないし。ね?

でですね。

ちょっと買ってみました。



20190609_001_R.jpg

じゃーん。

偶然寄った自転車屋さんに置いてあった、GIANT TRINITY COMPOSITE 2

お値段12万ポッキリ。

本当は税抜き25万する代物ですが、なにせ2012年のモデルでして半額以下に。

もちろん聞いたのですが、新品です。



ロードバイクに普段乗られている方は分かるとおもいますが、

このバイク、TT(タイムトライアル)バイクと言います。


タイムトライアルとは自転車ロードレースの種目の一つで、一人ずつ出走してゴールまでのタイムを競います。

僕はこのタイムトライアル競技が一番好きなのです。

なんで一番かというと、

まず他人を頼らないこと。

他のロードレースは前走者の影に隠れると、空力特性で影に隠れた人は通常より小さな力で漕ぐことが出来ます(ドラフティング)。

タイムトライアルはこのドラフティングが基本禁止されているため、自力だけでゴールを目指さなくてはなりません。

そこが良いのです。

他のクリテリウムやヒルクライムのようにコソコソ隠れて(るわけじゃなくてそれも作戦ですが)虎視眈々と出し抜くタイミングを狙うのもそれはそれで良いのですが、

誰も助けてくれない己一人の力で走り切る、そんな男らしさが光る、

それがタイムトライアルなのです…!



そして極めつけが、ハンドル部分を見てください。

ロードバイクによく見るドロップハンドルと違って、棒が進行方向に4本突き出ています。

20190609_008_R.jpg
玄関周り汚い…(汗



これ、通常時は中央の2本を握ります。

ブレーキは外側の2本にあります。

つまり、通常時はブレーキはすぐにかけられません。

…すごぃ…。(僕の第一印象)


別に命を削って乗れって話ではないですが、

そこまでして速くしたいのね、っていう執念が垣間見えるのがまた良いのです。





ここでちょっとパーツ各種紹介。


20190609_002_R.jpg

リアディレイラーは6700アルテグラ。10速です。

見た目は6800と同じ感じ。

走った感じは…、ちょっとチェーンと絡んでる感じ?調整かもだけどまあでも許容範囲。



20190609_003_R.jpg

20190609_004_R.jpg

GIANT独自設計のダイレクトマウントブレーキ。

パット見クロスバイクのVブレーキのようにも見える。

特殊そうで若干心配。リアブレーキはBB下でますますやりづらそう。



20190609_005_R.jpg

内装ケーブルはトップチューブから突っ込むタイプ。これも初めて。

雨とか降ったらどうなるんだ?フレームで貯水できる?



20190609_006_R.jpg

やはりTTフレームの醍醐味、ダウンチューブのエアロ形状。

一言でかっくいい。(正直フレームのデカールデザインはイマイチだけど…)




20190609_007_R.jpg

そしてそして、何よりこのシートピラーからのシートポスト。

まっすぐさが良い。美しい。

5年前くらいは多かった気がするけど最近は全然見ない。これが良くて買ったも同然。




そして命名します。「けんじさん」と。



なんだかんだ書いて、要は完全に競技用自転車です。


僕の自転車に関する一つの目標が、「全ての乗り方を体感できる自転車を持つこと」。

現在を見ると、

・クロスバイク → だいすけさん(フラットハンドル導入で無理やりクロスバイク)

・ロードバイク → ゆうすけさん(塗装屋さんにお泊り中未だ帰ってこず)

・シクロクロスバイク → なし

・グラベルバイク → なし(将来的にピエ2号でも可)

・TTバイク → けんじさん

・マウンテンバイク → なし



全部叶えようとすると6台必要で、置き場所あるのかどうかはとりあえず置いといて。

全てレースに出るレベルのパーツにはしたいかなあ。

お金がほしい…。




そして、重大発表ですが、

台湾一周旅行に出ることしました。


次回はそのはなしをしましょうか?

では。


生存、…確認。………チェ……了、動作開始。

2019年05月22日 08:35

まいどまいどおおきに。
ぷねおです。

3ヶ月もほったらかしにしてしまいました…。

この間にも、コミティア128に出て、全く売れず、

仕事も相変わらず多くて、手が回らなくなる不安に時々すごく落ち込んだりとか、

引っ越しもしました。

まあ正直言って、だいぶ不安定な日々が長らく続いたのですが、

色々ありながら(会社でたまに爆発したりしながら)ちょっとずつ回復してる気はしてます。




[ 続きを読む ]

わかってた回り道〈後編〉

2019年02月14日 08:51

2019-02-09_028.jpg

原爆ドームから10分ほどの大通りに面したゲストハウス「川手屋」を出発。

このお宿、隣の居酒屋と経営が一緒のようで入り口も一緒。

最初はそれがわからず、一回入って出てまた入るということをしてました。


2019-02-09_029.jpg

それにしてもすっごい綺麗なお宿で、ドミトリー一泊2000円ですが、

すっごい過ごしやすい内装をしていました。





さて、本番の広島コミケ224へ。

10:15開場とコミティアより1時間以上余裕のある時間取り。

グーグルマップによると宿からは路面電車で40分ほど。旅情を楽しみながら開場の広島県中小企業会館へ。


2019-02-09_033.jpg


…なんか女性しかいない気がする…。

場所を間違えた…?(汗

入り口っぽいところに行ってスタッフっぽい人に聞くと間違いないようなので、ささっと入って設営。




[ 続きを読む ]


最近の記事