2人は壁掛けフレーム

2017年11月12日 12:41

- 埼玉県朝霞市にある、とある青年(という年齢かどうかはまた別の話)の部屋での一幕 -


ゆうすけさん(写真左)>
なあ新人、こんな俺だけど今年の5月まで活躍してたんだぜ?今じゃこの有様だ。いったい何がいけなかった…?

新人(写真右)>
元気出してくださいよ先輩。僕なんて中国から流れてきて気づいたらバラバラにされてて日本にきたんですぜ?





ひたすらブラ下がるのみの2人であった。ちーん。
2017-11-12_001.jpg

ゆうすけさんはクランクが、新人君にはボトムブラケット(以下略:BB)が、それぞれ取り外す工具がやっと買えたので(本人多忙のため)

やっとそれぞれ外していきます。



2017-11-12_002.jpg

買ったのはモンキーレンチとラバーハンマー。




まずはゆうすけさんのクランクから外していきます。



写真に撮り忘れたのですが、クランクと反対側のアームに下の小さなパーツを差し込んで、外します。

2017-11-12_003.jpg




そいでからクランクギア側を引っこ抜くのですが、これが思いのほか硬いので早速ラバーハンマーの出番。

2017-11-12_004.jpg

しかし、仮にも2015年当時のフラッグシップモデルなのでラバーとはいえ叩くのは緊張。

まあまあ強い力で叩いて抜けたので、とりあえずゆうすけさんは完了。





さて、本題の新人君へ作業は移ります。

新人くんのBBは煤だらけで見るからに固着してそうな雰囲気…。

アタッチメントをBBに差し込んでモンキーレンチを噛ませたら、ラバーハンマーでレンチを叩いてみる。


2017-11-12_005.jpg


ガンガンガン

…。


2017-11-12_006.jpg

部分的にBBの歯が欠けた…。




ゆっくり回せば案外問題なく取り外せました。


2017-11-12_007_20171112122618488.jpg


最近はまぢで忙しく、気力が残ってるうちしか作業できないのですが、新人君も無事BB取れたので(これをすごい心配してたので本当に安心…)、

ひとつ課題が解決しました。


さて、次は新人君のクランク探しだなー。



↓ゆうすけさん(アルテグラ6800)のクランク取り外し工具はこちら。


↓新人君のBB取り外し工具はこちら(ママチャリとかスクエアテーパー向け?)。



スポンサーサイト

近頃は寒くなってきてクラフトに精が出る

2017年10月18日 07:39

2017-10-14_001.jpg


どうも、10月のぷねおです。


いやー、最近は忙しくしてるばかりで全然好きなことやってなかったのですが、

涼しくもなってきて、ようやく少し余裕が作れるようになったのでちょっとアップデート。



冒頭の写真は去年の日の出ヒルクライムミーティングや大磯クリテリウム、今年のハルヒルで活躍してくれた通称「疾風のゆうすけさん」。

足を悪くしてからは(ホイールをだいすけさんに使っている)すっかり外に出ることも少なくなって、頭は白くなってきました(埃で)。




で・す・が。




このままでは終わらせない。



そう、ついにやってきたのです。色を変えるこの時を!!


と言っても、まだ塗る色もお店も何も決まってません。要は「さーやるかー」って重い腰をあげただけ。


ままま、とりあえずパーツはずしてみる。



2017-10-14_002.jpg
before



after

2017-10-14_003.jpg


クランクはシマノの専用工具を買わねばならず、少し後になります。

しっかしすごい土まみれでした。

でもすごい軽い!!




とりあえずつるし上げ。(結局もとの場所には戻る…)

2017-10-14_004.jpg

よこにあるのは会社の人向けに組もうとしていた激安フレーム(ヤフオクで3200円)で、ピスト化しないといけないんですがまだ手をつけず…。

そっちやりながら、こっち色塗りってかんじですかねー。



で、来年は2011年に活躍してくれたぴえに号を改修して、台湾一周なんか企んでるのでそっちはそっちでやらんといけんくなりそうです。

まー、まだ先の話なのでその話は後ほど。



つぎは色とデザインの見本つくらネバ。



あでゅ。


今更ながら6月

2017年09月15日 00:19



6月_ブログ

今更だけどね。

そろそろ暑さも取れてきたし、自転車乗ろうかな。



お花さんという猫

2017年08月22日 00:24

今日、会社から帰ってきてふと思い出した。

前に住んでたアパートに、目が見えなければ、耳も聞こえない猫がいた。

彼女は野良猫で、ご飯は近所の人がこっそり与えるキャットフードを食べていた。

結論から言うと、ある日を境に見なくなった。最後にみたときはじっと動かないで周りを気にするそぶりだけしていた記憶がある。

今思えばもっと最初に助けておけばよかった。いや、あるいは誰かがすでに保護しているのかもしれないが。

最近精神的なストレスが多いのだが、なんかこの猫を思い出したら何も文句を言えない気がしてきた。

次にこんな猫を見かけたら、とりあえず保護してみようと思う。
.
ふと思い出した猫のこと。

チャイルド千手観音

2017年08月02日 00:58

チャイルド千手観音_ブログ

最近は仕事がきつくて自転車に乗る気も起こらないので

家で一人遊びする時間が増えてます。



絶賛、色の感覚募集中…。





最近の記事