1986

2010年01月24日 12:25

最近ラジオを聴いているとやたら気になるのが「寅年」。
何を隠そう俺は寅年生まれなのです。

ラジオで当時流行ったものとか起こったことを
色々と紹介しているのを聴いて
俺の生まれた年はこんなことがあったのかと教えてもらってます。

こんなに「寅年」と出てくると、もしかして「寅年」は特別な干支なのか?!(;‘`Д‘)特別な力が…寅年に…
とちょっと思ってみたくなるのですが、
考えてみればなんのことはない、ただ単にその年のことについて語ってるだけで
去年は「丑年」、来年は「卯年」のことをネタに喋ってるだけなのですね。

しかし自分の人生の中で自分の干支が回ってくるのは、たとえ天寿をまっとう出来たとしても、
せいぜい5~9回くらいで、しかも既に1回目は過ぎてしまってるではありませんか!

まあこう自分の生まれ年のことを拾い上げてくれるのは嬉しいことなので
寅年の方、ラジオもいいもんですよ。それだけ。
(でもよく考えると寅年と言えど、1998年も1974年もあるのに1986年ばかりを拾ってくれるのは
やはりその当時は文化的に充実してたと言うことでしょうか。もっと単純に古くもなく新しくもないから?)
スポンサーサイト

知りたいこと、したいこと

2010年01月23日 10:25

最近仕事急激に忙しくなって
家には寝に帰る日が続きます。
おそらく先1ヶ月はこんな感じなんじゃないかなあ。
まあなんとかやってます。

そんな中でも(っていうほどでもなくてこう言ってしまうのは抵抗があるんだけど)
元旦に決めたコミティア再帰に向けて
かたつむりの行進が如く、日々ゆらゆらと進んでいます。


でもやっぱり描いてて気になるのは専門学校卒業からあんまり進歩がないなあ、ということ。
長期的に見れば上手くなるのかもしれないけれど、
おそらくそれだと間に合わない。
何にも見ないでやってもいつかはネタのそこが尽きるから
参考になるような映像やらなんやらをちゃんと見ないといけないだろうし、
練習とかもしないといけないし、それにもちゃんと時間がいる。
今の自分はだいぶそこを欠いてる気がする。

みんなこういった時間をどう区切ってるんだろうか。
これが最近凄い知りたいこと。
(こんだけ立派なこと書いてますが本当に上手くないんですよ、困ったことに。
こんな風に開き直れるほどに。)



とりあえず今日も会社へ出向いて帰りに機関車の図鑑を買って帰ります。
ああ、時間(とお金)が欲しい。

~尾道の午後の会(勝手に命名)~

2010年01月17日 15:00

P1170599.jpg
もらった尾道チャイダー。チャイダーとはお茶のサイダーの略。だと思う。
詳しくはこちら→尾道チャイダー


昨日、友達2人と映画を見に行ったあとに、
尾道が好きな人たちの集まりに参加してきました。

この集まりを知ったのは3日前で、
先月のクリスマス、尾道に行ったときに私ともう一人泊まってたお客さんの
浜渦さん(仮称)からケータイに連絡がきて参加することになりました。

私はかなり人見知りで通常でも上手いこと喋れないのに
初めての場所でどうしようかと迷って今回は嘘ついて辞めようかと最初は思ったけど
(しかも失礼なことに浜渦さんの名前をこのときは全然覚えてなかった…
最初に教えてと頼んだのは私なのに)
旅先で知り合った人から連絡がくるなんて初めてだし、
参加を誘ってくれたことを潰してしまうのも失礼だし、
しぶしぶ行くことに。

しかしこれが思ってたよりずっと楽しくて、10人ちょっとで若い人はあんまり居ないのだけど
どの人もなんか一癖ありそうな人たちなのにみんなとっても温和。
してる仕事もみんな変わってて、
某有名旅雑誌のライターさんだったり、
そのカメラマンさんだったり、
味噌作りしてるひとだったり、
出版社さんだったり、
アクセサリーを作る人だったり、
化学者さんだったり、
大工さんだったり、
大農家さんだったり。

話を聞いてるとみんな尾道に限らずいろんなところを訪れていて
その写真をたくさん見せてもらえました。
中には日本の古民家をずっと取材していたり、イベントを開いていたりしてる人も居て
みんな尾道もその他の日本も本当に好きなんだなと思いました。

しかも、みんな親しく話してるのでもう顔見知りなのかなと思ったら
どうやらほとんど初対面のようで、それなのにそんな雰囲気は微塵も感じさせてなくて
きっとその場を形で表そうとしたら、綺麗なまん丸になるんじゃないかと思うほど。

その会場となったお店(と言うほどの大きさでもないけど15帖くらい?)の人たちも
料理を作ってはちょくちょく談話に入ってきてそれがまたいい雰囲気の人たちで、
料理もおいしいし、会話が弾むしで、もういい意味でふわふわしてました。

名刺も交換して、最後に尾道チャイダーをもらって解散。


半日経った今書き残すとそのときの気持ちはだいぶ薄れてしまっているけれど、
久々に色々と話せて本当に楽しかった。しかもほとんど気取りや気負いもなく素で喋れたし
話すってこんなに楽しいことだったのかと思いました。
同時に何で普段はこんな風に喋れないのかとも思ったけれど…。

まあそれはさておいて、本当に今回の尾道の会(と適当に命名)は
色々とインスピレーションを与えてくれる場でした。
初めて旅の縁を感じたし、今まで多少無理してでも旅してきて
良かったと。

何より昨日まで赤の他人だった人たちが旅や尾道を通して
知り合いになれたことがとてもとても嬉しかったです。



またあるのいいなあ。
そのときの為に個人の名刺をちゃんと作っておこう。

帰ってきたサボリ屋

2010年01月16日 08:57

20100116090206
おはようござんす。
だいぶご無沙汰でがんした。書きたいことがだいぶ溜まって来たので戻っでぇ参りますだ。
手前真に都合のいい男なんでぇございやす。
更新をサボってる間もちょくちょくお足を運んでくだすった方々、まっこと申し訳ありもはん。


とまあ目茶苦茶な挨拶はこのへんで。

今回は大崎駅からお送りします。
昨日は夜遅くまで会社にいたのですが誤って終電を乗り間違えてしまい、すごすごと会社に戻るのも面白くないので目黒のマックで夜を開かして始発から山手線をぐるぐるわけでございます。
かれこれ三周目でしょうか。



そして今日はこれから三連続で映画を見に行ってきます!

…寒くて眠くて疲れた。

旅の眠い朝

2010年01月10日 05:04

えー…








こんばんは。
5時です。朝の。




ただいま、山形のとある
ビジネスホテルにいます。


会社の方々4人と
旅行に出ています。




昨日は、蔵王まで夕方から行って
一番上までロープウェーで上って
樹氷を見てきました。
風がめっちゃ吹いてました。
雪の粒がビシビシ顔に当たって
痛かったです。

すごい、寒かったです。
あと、真っ暗でした。




今日は最上川を船に乗って下ります。
コタツが、あるそうです。


楽しみです。

2010年 社長の祝辞

2010年01月04日 00:29

2010年になりました。
あけましておめでとうございます。

みなさま年賀状はどのくらい届きましたでしょうか。
私の悪い癖で、年を明かしてから書き始めるのが祟ってか
毎年毎年首の皮一枚というくらいしか届きません。
全く持って自分の不徳の致すところなのですが、なかなか寂しいものです。
逆に毎年出して頂いている昔々の友達には、本当に感謝です。

今年はまた例によって(やる気が出ないうちに旅の予定を組んでしまって時間がなくなってしまったりで)、
おそらく1月中旬~下旬になるかも知れません。
…いやまったくすみません…。
今しばらく!お待ちください。



で、改めて本題なのですが、
今年の計を考えてみました。

経験上出来なかったことのほうが多いのですが、
年の初めということもありまして気が大きくなっているうちに
勝手に調子をこいてみたいのです。
ではでは今年の抱負です。



その1
初の海外1人旅に出ます。
(2週間くらい。場所はまだ未定)

その2
個人サークルを立ち上げて
ずっと溜め込んでたネタを元にコミティア再帰します。
(8月or11月のコミティアを目指して)

その3
HPorブログの看板娘を作ります。
(やはり紅一点は重要です)



という感じでしょうかね。
…書いてて恥ずかしくなりますね…(爆)


……。

やっちゃります!


…やってみます…。


最近の記事