K

2011年03月30日 01:59

おめでとう!おめでとう!
いままで一人ぼっちだったRICOH GRにお兄さんが出来ました。(OLYMPUS μはうちの母親に嫁がせました。)



\どうもみなさんこんにちは!/
R0016554.jpg

\君は誰だい?…ふーん、GRって言うのか。よろしくね。あと君ちっちゃいね!!/
R0016553.jpg



お兄さんの名前は、PENTAX K-7。
現行機の K-5 よりひとつ下のミドルクラスデジタル一眼レフカメラです。

購入する機種は、これと Canon 60D が最後まで熾烈な争いを僕の中で繰り広げていましたが、
新宿のヤマダ電機で店頭のおじさんに色々説明してもらったら(この人は自分でも写真を撮られてる方のようで、店頭の写真も自分で撮ったものとか。そして話がまた凄い熱心で)すっかり洗脳されてました。
いやいや、確かにそうかもしれないけど一番考えたポイントは、
衝撃や雨に強いことと、広く使いまわしの利くSDカードを使用していること。
というのも今まで使ってたGRがとても衝撃水滴に弱い(と言ったら会社の先輩にそれが普通だと言われた)ことがトラウマ的に焼きついているし、この先も旅で使う予定なので出来るだけ強いものを選びたかった。

あとは値段。
一眼初心者だし、あんまりドンとお金使うのも実際カメラ使わなかったときにアレだし、型落ちでもイイよね?
というわけでネットにて中古で購入。5万4千円でした。でも状態も良いし十分満足!
前のオーナーさん、丁寧に使ってくれてどうもありがとう。

(ちなみにGRは今までの修理費を込むと6万9千円。)




そして使ってみる。

\え、えーと…正面はちょっと…。/
_IGP6569.jpg

\…。/
_IGP6575.jpg


暗めになってしまった…。





スポンサーサイト

アンリンク

2011年03月27日 23:22

R0016514.jpg

近くのレンタルビデオ屋まで車で向かう途中、
助手席の弟に撮ってもらった空。
こんな角度は自分じゃ絶対撮らないけど、
でもじっと見てると、これもありかもと思ったりする。




運転しながら、こんなことを思い出した。

1年位前、友達の結婚式で上海へ行くという会社の外人さんに
「じゃあ僕のカメラ持ってってなんか撮ってきてください。」
と言って、彼の旅行にカメラを同行させてもらったことがある。

その人が帰ってきてカメラのメモリを見てみると、
1枚目、どこかのマンションの高層階(?)の雑然としたベランダ群。(全体が映ってないからスケール感や周りがどんな状態なのかわからない)
2枚目、浜名湖にも見える何でもない普通の海(湖?)。(手前に車の残像が横切っていたので、橋か何かを走行中の撮影?)
3枚目、どこかのビルから見下ろした夜景。(と言っても一部のビルにズームしててこれまた全体像が摑みにくい)


たったこれだけだった。
上海の百万ドルの夜景(本当は香港)とかをたくさん撮ってきてくれるだろうと期待してた僕は、
あっけにとられて続いてがっかりしたが、
脱力に任せて写真を何度も見返してるうちにふと、
この3枚を撮ろうと思った理由はなんなんだろう、と不思議に思った。
たった3枚、しかも何の変哲もない写真だけに僕には全然分からなかったけど、
きっと彼には何か感じるところがあったんだろう。
個々の主観って変なんだなと思って、少し面白かった。

でももう少し撮ってきてくれてもよかったと思う。


相棒は電気に殺られました。

2011年03月23日 01:45

5年使ったペンタブが遂に逝った。
これは昔友達にもらったものだから、実際に動いていた時間はもっと長いだろう。

だぶん地震の時の停電で、なんかバチっと来たんじゃなかろうか。可愛そうに。
長らくお世話になったので、大変残念である。


まあせっかくだし新品にしようかな。
インテュオス4は…、Amazonで37,000円。
ちょっと高いけど、付属のペンがいくつかあるっぽい。

…眠いし、もうちょっと考えよう。
さいようなら「相棒」。





R0016438.jpg

まあいっつもこいつが上に乗ってたしね。あが-。





放射能切れを起こした空

2011年03月20日 19:22

はぁ…、なんか最近ダメだ。
地震と原発の映像を見すぎたせいか、だいぶ気分が不安定な気がする…。
それが昨日のブログとかに、なんか変に出ているというか。硬い、とても。


まあこんな駄文と青草だらけでもネットにコメントを書くときは
思ったことと違うことは書かないように気を付けてるつもりなんだけども…。
でもなんかだめ。気持ちがしんどい。



ガソリン不足と、放射能の心配から外出も控えてたし、
それらが原因でなんか色々と疲れているのかもしれない。

こうなってみると、やっぱ元の生活っていいと思うよなあ。
何の心配もしないでくだらないネタを考えながらゆっくり犬の散歩できるし、
マスクひとつ帽子ひとつで葛藤しなくていいし、
毎日の仕事に一喜一憂できるし、
どこへだって出かけられる。


普通の日常ってホントに大切だ。
早く戻ってきてくれー!!




[2011/3/21/10:46;こちらも再編集。
言った矢先に少し嘘ついた(笑)。これは性癖に近い気がする。まあこれからこれから。]






全国統一時空共有実感

2011年03月19日 19:52

地震から一週間が経った。
被災者の支援はやっと始まったばかりだけど
テレビはバラエティ番組を始めてるし
原発関連のニュースも未だ予断はならないものの、
次第に落ち着き始めている感じを受ける。

来週から私も仕事が始まる。
生活は普段に戻りつつある。


時間が経って、それに比例するように
今回の災害のことからどんどん離れていってしまうけど、
いつか思い出したときに、きっとこれらは忘れない。
地震にあったときに、自分はどこにいて、どんな人達と一緒で
どんなことを見ていたか。



R0016401.jpg







裏ページ

2011年03月11日 01:14

ここ1ヶ月読み続けてる本がある。
別に気に入って何回も繰り返して呼んでいるわけじゃない。
それどこかまだ半分もいっていない。
その本は、開いてみれば書いてあることが独自すぎて理解するのが難しく
ついつい頭の中で別のことを考えてしまっているのだ。
今日の出来事。誰と話したか。空の弁当箱は会社で洗ってきたか。
過去の出来事。自己分析。自己啓発。自己嫌悪…。
今後の事。旅行の準備があまり進まないこと。

目は開かれた2ページのあちこちを跳び回っているか、どこかの一文字で止まったまま。
いやなことは目の前にしても、目に入らない。
もともとそういうふうになってるんではなかろうか。





スパム^^^^^^^^^^^^^^^

2011年03月08日 23:45

どうもすみません。阿部ぷねおです。
なぜ謝っているかというと、先日いくつかいただきましたコメントを
スパムのコメントを大掃除する際、間違って全部消しちゃいました…。

思いがけない方からのコメントもありまして大変嬉しかったのですが、
消してしまった今、本当に残念な気持ちで一杯です。
スパムよ今度来たら、ぎっちょにしてやる…………………




また来て高円寺

2011年03月06日 01:54

R0016240.jpg


高円寺まで行って参りました。
高円寺は私が現在勤める会社の前の所在地であり、
私の人生初めての勤め先でした。





R0016241.jpg

ルック商店街。
通りの店々はみんな個性に溢れていて、古い総菜屋や古書店から
アイデア商品がたくさん置かれている雑貨屋、数多くのセレクトショップと
雑然とまで言ってもおかしくないほどの色模様。
視覚的にもごちゃごちゃしていて私のようにカメラを片手に
キョロキョロして歩く人も少なくありませんでした。





で、何をしに来たかというと。
Pixivで知り合った方から、グループ展を開催しているとのご連絡をいただき、
そんなことも初めてだったので、試しに足を運んでみたのです。
(出展はしていません。)

が、






ギャラリーはまだ開いておらず。
R0016243.jpg




携帯から今回のグループ展を開いてみると、
どうやら午後1時からのようでギリギリ間に合いすぎてしまっていました。






仕方がないので久しぶりの高円寺を小一時間ぶらり旅することに。

R0016245_20110306015242.jpg





R001624848_1.jpg









会社が高円寺にあった頃は、たまにルック商店街を囲む住宅地を歩いてみたりしました。
華やかなルック商店街をひとつ道を外れるともうそこはリアルな生活空間。
コインランドリーやコインシャワー、銭湯がちらほらして
またいくつものアパート群が顔を飛ばすように乱雑に競り建っています。
あるアパートは、二階に延びる通路が隣のアパートのベランダの目の前を通っていたり、
昔の漫画に出てきそうな「○○荘」なんて名前の古いアパートが並んで建っていたり。


R0016261.jpg





JR高円寺駅の線路下の商店街も一日を通して薄暗く、
そこだけ切り取ったらスラム街のように見えなくもありません。
R0016268.jpg




写真手前の食事処で昼食をとり、
またギャラリーへ。




今度はちゃんと空いていました。



が、

今度は写真に撮ることを忘れ。

10帖ほどの小さな空間には、小さな額縁に囲まれたのポストカードほどの大きさの絵が
入った左の壁と奥の壁にずらりと並んでいました。

最近私は絵を描くのが面倒というか楽しくなくて止めちゃっていますが、
壁に掛けられている一枚一枚の絵の自由さとその小ささから
何か手がかりになるかなあ、とふっと思っていたりもしました。



呼んでくださった方もおそらくそこにいたのでしょうけれど、
丁度今回のグループ展への出展者とお話をしているので(と言い訳して)
話しかけることが出来ず、30分ほどギャラリー内を眺めた後、
1枚だけポストカードを買って失礼しました。






R0016277.jpg


久々(1年ぶり?)に訪れた高円寺は特に何も変わっておらず、
ルック商店街を脈として今日も人が流れていきます。



三平ストアは綺麗にリニューアルされてました。
昔のほうがうら寂しい感じで好きだったなあ。







今回呼んでくださったグループ展はこちら。
3/7(月)まで開催しているそうです。

【 小さな作品展8 -小さな物語- 】
http://gallery-r.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-fa9f.html




再出発

2011年03月03日 02:37

というわけで気分も新しくブログを更新していこう!いくんだ俺は!
と思っている矢先、仕事が大詰めで帰りが遅く食べるスピードも遅く、気づけば2時半。

はあぁ~忙しい忙しい。寝るのに忙しい。
…どゆこと?


明日こそ遅刻かも…。
おやすみなさい~。

走れ走れ

2011年03月02日 02:20

突然ですが、けっこう長めの旅に出ます。
出発は6月の半ば。期間はおよそ3ヶ月から~半年くらいを見込んでまずは国内を自転車で渡り歩き、
その後は手段も期間も全くの未定ですが、海外へ行ってみようと思います。


この計画は約2年前、ある日本一周をした方の旅の動画を見たのがきっかけで始まりました。
自分の足で辿り着くことに興味を持った私の旅は、それまでの電車に運ばれていくゆっくりしたものから、
自転車やバイクで駆け抜けるようなものに変わっていきました。
こういった旅は終わってから、ああもうやらなくていいかなと思うくらい非常に疲れることがほとんどでしたが、
少し経つと、あの時の辛さは割りと楽しかったなあと思い直し、再びまたどこかへ出かける計画を立てました。

そして今日に至ります。
金銭的にも精神的にも準備は出来た今、
残るは現実的な装備の準備と、あとは出発の日を迎えるだけです。




>このブログを見てくださっている会社の方々へ
今回の旅を実行するにあたって退職することになります。真にすみません。
本当にいい会社に入ったと思っています。確かに給料は安いですが、個性に富んだ人たちばかりで
変なことに面白がる人たちで、また色んなところに連れていってくれたりして、
入社するまで流行りしか意識してなかった自分に、自分の一番を教えられたと思っています。
今回のことは実は今年の仕事始めの日に会社には申し出をしたのですが、
あまり大っぴらにもしたくないのでどうやって切り出そうかと今でもなかなか言い出せずにいます。
またまたすみません。
出来ましたらこっそり広めてください…。


>このブログを見てくださっている全ての方々へ
そしてまた、新しいブログが始まります。
今はまだ誰もいないも等しいところですが、
旅を計画する楽しさや行動する辛さ、まだ見ぬ場所を目指すことの大きさを
自分自身で再確認しながら記録に残していきたいと思います。

「ぷねお社長の自転車日本縦断」




今までのこちらのブログも普段の行いを、改めて書き綴っていきたいと思います。
サボらないようにしたいです…。



最近の記事