単騎、千里を走る。

2016年01月31日 23:59




単騎、千里を走る。
三国志に出てくる蜀国の豪傑、関羽が戦乱の中囚われ、その気高き精神に見初められた魏国の曹操から蜀国に向かって馬に乗って千里を逃れる、というお話です。
横山光輝の「三国志」で昔覚えました。

いつも通っているゲオで見つけて気になったので借りて見ました。


お話としては、正直普通の人間ドラマです。
高倉健の演技力があってこそ成り立っている映画とも言えるかもしれません。
なので、特にそこらへんについては何も言うことができません。


この映画の意味とは、中国人がなぜ日本人を選んだのか、高倉健を選んだのか。ということだと思いました。
何かといがみ合いの多い僕ら、日本人と中国人。
監督は中国人なので、ここで日本人を選ぶということである共感性が生まれると思いました。
やはり同じ人間ということです。
中国と日本が違うように、同じ国の人でも1人1人違いはあります。
違うところがあるように、同じところもある、ということをこの映画は言っているのではと感じました。
そういうことを念頭において考えてみると、高倉健のあの不器用感や黙ったままの人間像が
中国人にもあるということかもしれません。ないにしても理想像があるのかもしれません。
あるいは関羽というところに重ね合わせているのかもしれません。

いずれにしても、高倉健は日本ではいわずと知れた名優です。
その人間像を、民族は違えど共有できるということをこの映画で感じました。

ふと中国の映画を、もう少し見てみたくなりました。



スポンサーサイト

毎日0.0053ミリメートル

2016年01月23日 22:01

夕飯の味噌汁を作ってたときのことだ。

僕の住むアパートの台所のコンロは一口。
火を使おうとすると、何をするにも渋滞するこのコンロで最近(マイ)流行りのカブの味噌汁を作ろうと
お玉に乗せた味噌の塊を溶かそうとしたときに、握っていた菜箸のある異変に気が付いた。

左右で菜箸の長さが違うのだ。

一本が長いほうより5mmほど短くなっている。
この箸を買ったのがここに引っ越してきた直後のことだから2年と7ヶ月。
おかしな話だが、菜箸が磨り減るというのは実家だけのことのように思っていた。
実家は家自体が40年ほども建っているから、それの中身である色々な家具や生活道具が褪せてくるのは分かる。
ところがこのアパートに引っ越してきてそんなに経っていないここで、そんなことが起こるとはあまり思えていなかったのだ。
小さな物にも歴史有り。と同時に自分にも浅いながらの歴史を思わせる一瞬だった。


練習用ホイールに換装

2016年01月09日 23:36

ホイール買いました。去年のボーナスで。

2015-12-29_001.jpg

DT SWISS というブランドの R24 Spline という、このブランドで一番安いホイール。定価だと約40000円ちょっとのところ、Wiggleで30000円也。

ゆうすけさんの履いているホイール。MAVIC キシリウムSLR というホイールなのですが、
これがウン十万する代物で(しかも完成車に付いてきた物で1ヶ月ほど後になって高いことを知った…)、
近頃になって素材のカーボンがいつ割れるのか気になって気になって仕方が無くなったので、
練習用に今回のアルミのホイールを買い足したのでした。
(1/11追記:この MIAVIC キシリウム SLR の材質はカーボンではなくアルミでした…ww いやあ、無知って怖いですねぇ…(汗
というか、これだとこのホイール買った意味が薄れると言うかこのページの意味が無いと言うかごにょごにょ…。




[ 続きを読む ]

謹賀新年2016

2016年01月03日 23:36

2016年年賀状_R

年賀状そのままでおめでとうございます。
2016年が明けました。


[ 続きを読む ]


最近の記事