FC2ブログ

関西のおばちゃんのかばんの中には飴ちゃんがたくさん入っているに違いない

2010年03月05日 02:00

数日前、出勤途中の満員電車で駆け込み乗車をしてみた。
私の体分は入れたものの、肩から提げていた鞄が閉まるドアに挟まれ困ったことに。

すると、すぐそばにいたおばちゃんが何を思ったのか急に私の鞄を引っ張り、挟まれたドアから
引き抜こうとし始めた。
引きちぎれるんじゃないかと思うほどのおばちゃんの力が功を奏してか、
3秒ほどで引き抜くことに成功。

やった!

と思った拍子、丁度鞄の挟まれてた部分に付けてたピンバッジが引っこ抜いた反動で
鞄から外れ宙を舞い、またすぐ近くにいたサラリーマンの男の人の鞄の中へダイブ。

これまた参った、と逡巡したらすかさずそのおばちゃんが
「あらら、なんか鞄の中に入っちゃったみたいですよ」
とそのサラリーマンに言ってくれているではありませんか。

サラリーマンも目の前で起こっていることに流石に気づいているようで
ガサゴソと鞄を漁って探してもらうことに。
さして時間はかからず、サラリーマンの手によってピンバッジと再会を果たした私は
2人にお礼を言ってピンバッジをまたもとの場所につけなおし、
少し居心地が悪いとも良いともつかぬ気持ちで出勤の路についたのでした。


いや、正直言うと私が過去におばちゃんと同じ立場の場面に出くわしたところで、
助けた覚えが全然ないです。
申し訳ないですが。

そういえば、この前のサンデーモーニングでとっさに助ける人間愛っていうようなテーマを
やっていた。「だれかがやってくれるだろう」思考が都会には蔓延しているそうだ。

今度同じような機会に出くわしたら、
ちゃんと助けられるだろうか。。。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://presidentsroom.blog118.fc2.com/tb.php/123-5ecd278a
    この記事へのトラックバック


    最近の記事