FC2ブログ

平たく空、覆う雲

2010年12月03日 09:26

ベランダのトタン屋根に激しく打ち付ける雨音で目が覚めた。
珍しく大雨が降った。

外国できくところのスコールとはこんな感じだろうか。そんな雨。
天気予報を見ているとところによっては竜巻まで注意報が出ていた。
雨が強いので車で駅まで送って貰うことにした。
空は雷まで鳴っていた。

今日の予想最高気温は24℃。
今日はあつくなるねぇ、と父と話していると母が寝室からのそのそと出て来た。
秋冬でこんなに空に注目が集まる朝はなかなか無いだろう。
母も空をみる。するともう晴れたと言う。確かに雨は完璧に止んでおり所々綺麗な青空すら覗いている。
たった5分前までたくさん降っていたのに、お天道様はまさに気まぐれだ。
こうなってはやむなく車で送ってもらうことを諦め、いつものように自転車をこぎ出す。なるほど。
確かに今日は暑くなる。湿気と匂いは梅雨に感じるそれそのものだ。違いがあるとすれば、
葉の落ちた木々と雲間から覗く空が薄く平たくグラデーションを作っていることだろう。
走っていて楽しくなってきた。今日は自転車日和だ。
濡れた路面に前をのろりと走る初老の自転車がタイヤの軌跡を作る。
側溝にしてある蓋から下へ流れ落ちる水がちょろちょろと鳴る。
いつもよりずっと空いた雨ざらしの無料駐輪場。
梅雨だったらこんな毎日の繰り返しにうんざりしただろうけど、今は12月だ。明日は晴れてまたいつもの寒い日々に戻るだろう。
天気予報によると今日の昼頃には太陽が待っているとのことだった。

雪はまだ遠い。金曜日の僕は思った。

スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://presidentsroom.blog118.fc2.com/tb.php/166-adab39e1
    この記事へのトラックバック


    最近の記事