ゆっくり衰退していく

2011年07月20日 23:45

7月16日。海の日が連結した3連休。
地元のお祭りに出かけた。もう10年ぶりくらい。



IMGP8286.jpg

お祭りの場所を知らずに道に迷った挙句、裏路地から屋台の並ぶ通りに出る。



IMGP8289.jpg

弟は兄の動きをよく見ている。



IMGP8293.jpg


IMGP8296.jpg

なんか型を取って遊んでいる子供たち。



IMGP8298.jpg

通りはいつもと違うたくさんの灯りに照らし出されて
とても古い建物ばかりだということに気づかされる。



IMGP8302.jpg

体感では10年前と同じように感じたが、小耳に挟んだおばちゃんの話だとこのお祭りも随分と小さくなったようだ。



IMGP8331.jpg

小さくも古いお神輿。お神輿とは別の場所から聞こえる拡声器の掛け声は威勢が良いが、それにお神輿が付いてこない。
誰かがお神輿の上に乗って揺さぶる。そしてお神輿もやっと揺れる。



IMGP8317.jpg

提灯が集まるだけでお祭りになる。



IMGP8335.jpg

お祭りの最中を唯一通れる路線バス。誰も乗ってない。



IMGP8338.jpg




IMGP8340.jpg

誰もお客がいなくても。



IMGP8348.jpg




IMGP8349.jpg

売るものがなくても。



IMGP8355.jpg




IMGP8358.jpg

店を開ける。



IMGP8366.jpg

陽気によってゆらゆら揺れる。



IMGP8368.jpg

そして、来年も。






スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事