今こんなことしてます。

2012年04月12日 19:18

桜もすっかり咲きました。
こんにちは。

春がこんなにもあったかいもんで
羽も手も伸びてアレヤコレヤと色々なものに手を出してみたくなるものです。暑くなってやる気が出なくなる前に…。

で、旅を終えてからこの頃何をしているのか。
まことに一方的ながら、そんな紹介です。

R0016978.jpg






今回の記事は俗に言う「生きてます」報告をするべく書くもので、
まあ、初見さんはイマイチ興味沸かないと思いますが、よろしくはお付き合いをば。


で僕が今何をしているかと、単刀直入に言いまして
農業まがいな事をしています。まがいです、あくまで。
と言いますのも、僕は農業に対して何も知識も経験もありません。あるのは興味だけ。
興味だけを持って、教えてくれている先生みたいな人に付いて、「アレしてみろコレしてみろ。」というのを聞きつつ、
その指示に従って野菜や漬物その他加工品から肥料まで何でも作って売る。
ということをしてお金を作っています。
この姿勢が能動的なら確実に農業と言っても自分でも許せるのですが、
半受動的なので農業まがいという言葉を使わせていただきます。


で、ここまで来て何から紹介したら良いのか分からなくなったので、
とりあえず土いじりの代名詞、畑から行きましょう。
ぼくが使わせてもらっている畑は教えてくれている先生(以下、佐藤先生と呼びます。)が、
お知り合いの農家の人から借り受けたものでその一角を僕が借りて野菜を作っています。

じゃあどんな野菜を育てているのか、やっと面白みも出てきますね。





まずは茎ブロッコリーのスティックセニョール。
茎ブロッコリーと言うと、普段野菜を目にしない人だと想像できないと思いますが、
要は茎がメインのブロッコリーです。茹でるとアスパラみたいに芯の食感がグッド!
写真じゃ分かりにくいと思いますが、一番手前にブロッコリーの葉みたいなものを頭につけた
ニョキニョキ生えているものがありますね?それです。これを一本一本採って袋につめて道の駅へ。
今のところ、野菜部門で一番の稼ぎ頭(と言うか今はこれしか売れる状態にない)。一袋150gで150~200円。
採っても採っても次々出てくるにくい奴。

R0016994.jpg



続いておなじみアスパラガス。農業まがいを始めて知ったんですが、
アスパラってちゃんとしたものが出来るのに3年かかるんですね…。
これはその2年目。明日から長いのを摘んで道の駅へ出荷予定です。
地元でアスパラはあんまり見ないから売り上げ期待できそう。

R0016998.jpg




カブネギ。カブネギはよく目にする一本ネギとは違って
ラッキョウみたいにいくつもの細いネギが一束になって生えています。
佐藤先生が別のところで育てたものを株分けして植えたもの。
1月に植えたので、結構大きくなってきてます。

R0017000.jpg




2列に並ぶスナップえんどうとキヌサヤ。両方ともさやえんどう。
育ってきたときにツルを巻きつかせるための棒は近くで取ってきた竹を割ったりして作りました。
普通はホームセンターなんかで売ってる緑の棒を買ってきますが、これなら完全天然由来。佐藤先生すごいです。
しかし、この竹は張力が強いらしくて思うようにまっすぐになってくれません…。
この前の爆弾低気圧や、それでなくても辺りになのもないこの畑に吹き込んでくる風をモロに受けて
何度も壊滅的状態にさせられました。風がこんなにも気になることは今までなかった。
これらも1月に植えたものですが、北側のほうは北風にやられたのか、ほとんど芽が出ていません。
逆に南側のほうは北側に守られてか発育がよろしいようです。
まだまだ出来るのは先だなあ。

R0017001.jpg





最後にエシャレット。らっきょうみたいなものらしいですが。
佐藤先生自宅に生えていたものを株分けしたもの。3月の終わりに植えたので
まだまだこれから。葉っぱ部分が全然上向いてこないけど、大丈夫だろうか。

R0017003.jpg





畑はこんな感じです。他にも籾殻を焼いて炭にしたもの(もみがら薫炭と言うそうな)を作ったり、
佐藤先生お得意のそばのつゆを作って売ったりしてます。
僕の予定では、9月ごろからまた旅行に出かけるのでそれまでこんなことをしながらのんびりしてます。

ここまでやってみての感想は、農業って簡単には出来ん…。という感じ。
野菜だけ売って儲けを出すには想像以上の規模とお金がいることを痛感した。
こんな体験型の生活がしばらく続きます。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事