マイ・ツールド・北海道2016 総集編

2016年09月10日 20:27

どうも。ぷねおです。

無事、北海道から帰ってまいりました。

■今回のルート 千歳~ニセコ~小樽・札幌 - (輪行) - 旭川~美瑛~音威子府~稚内~宗谷岬~稚内
hokkaido_zenzu_201609101714358ee.jpg

----
■1日目
千歳~ニセコ 124.2km

成田空港から自転車と一緒に新千歳空港へ。
本物のツールド北海道に参加するためにニセコに向かうも、自転車を入れてきた箱を稚内に送れなかったり、
リアディレイラーのワイヤーにトラブルがあって現地の自転車屋に寄ったりで、午後1時半に出発する。
見知らぬ道の脇には熊出没の看板を目にしながら焦ってとにかく漕いだ。


----
■2日目
ニセコ~小樽・札幌 135.9km

本物のツールド北海道を前日の疲れですっぽかして、一路小樽へ。
札幌も少し走ったが、大泉洋の出世番組「水曜どうでしょう」のHTB本社も見たかった…。

----
■3日目
旭川~美瑛 72.9km

南から富良野へ抜ける道は先の台風で道が通っているか不安だったので、電車で旭川まですっ飛ばして美瑛までの小旅行。
みんな通らない道を探して美瑛の丘を登ったり下ったり。


----
■4日目
美瑛~音威子府 158.9km

一番長い日。旭川を縦断してそのまま北へ。ほぼ平野を淡々と走った。


----
■5日目
音威子府~稚内 136.5km

サイクリストの聖地、オロロンラインへ。
まっすぐに楽に稚内へ行けると思っていたが、若干の丘が続き3~4時間かかった…。


----
■6日目
休息日。
天気予報で雨だったので、近くの温泉でゆっくりしようとしたら大変な豪雨でどこの温泉も臨時休業。
結局10kmほど歩く日となった。
しかし初めて行った稚内が観測史上初の豪雨ってどういうこと…。


----
■7日目
稚内~宗谷岬~稚内 62.2km

最終日。夕方の飛行機には間に合わせないといけないので、朝早く宗谷岬へ。
午前7時に到着。来た道を帰ってくるとやはり強い雨に見舞われる。
カッパを着ててもびしょびしょにぬれながらも飛行機には間に合った。


----
□総距離
690.6km



■総括■
自転車旅行はやはり大変だということを思い出した。
まあそれも7日間で長い距離を設定したことにもよる。
一日走っても70km、時間にして5時間というところが良いバランスだろうか。
金銭面に関しては予想を反して安く上がった。
なかなか手に持って運べないので送らないといけなかったお土産代はさておいて、
宿泊代はライダーハウスで相当浮かんだ。
ライダーハウスは初めて利用したが、それぞれのライダーハウスで文化がまったく違って
美瑛の「ライダーハウス丘」は壁一面に訪れたライダーのメッセージがびっしり書かれていて軽くカルチャーショックを受けた。

いやしかし、すごい疲れた…(笑
絶対には記憶に残るだろうけど。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事