止まり木

2017年06月18日 23:57

2017-06-17_001.jpg

会社の人たちで山登りへ行った。

その途中、一匹の蛾が僕の肩に留まった。

その蛾は僕が動いても全く離れないので、もう連れて行こうということになった。

山道の途中のベンチで休憩したときに、その蛾は離れてしまったが

頂上で持ち寄った昼ごはんを食べたときに、仲の良い同僚がその蛾を思い出して

「虫の止まり木だな」と僕に言った。

僕はすかさず、「確かに、僕の夢は人間の止まり木だからね。」と返した。

確かにそうなのだ。

虫は理解してくれたのだろうか。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事