レビュー 『ドラえもん のび太の恐竜2006』 / 『ドラえもん のび太の新魔界大冒険 〜7人の魔法使い〜』

2018年02月26日 08:00

1年ぶりのレビューです。

近頃は2Dアニメーションのディズニーばかり見ています。

そもそもディズニーも最近は3Dばかりで、3Dの参考とかショートムービーに2Dアニメーションは活躍しているようですが、

ディズニーの2Dアニメは生き残り的にはどうなんだろうと勝手に心配しています。
(これものちにレビューすると思うんですが、『アラジン』は最高でした…!)



その流れで『ドラえもん』を見直し始めてます。

大山のぶ代さんらが引退したあとの新生ドラえもん。

今までテレビシリーズすらまともに見てませんでした。

そこから大海に飛び込むように!ドラえもーん!



『ドラえもん のび太の恐竜2006』  (2006年作品)



はっきり言って、迷走していました。(※個人の感想です。)

ドラえもんが新しくなって、スタッフみんながどうしようどうしようという怯えというか畏れているのがお話の構成に出ているようでした。

ストーリーは初代『のび太の恐竜』のほとんどそのままだったし、ざらざらした「あ、手で書いてるんだ」という感じが良く出ている線画や

まるでかんだ後のチューイングガムのようにグニグニャ動くアニメーションに関してはむしろ昔よりずっと良くなってて、

子供たちに夢を見てほしいというところに到達できるように努力していることはとっても感じました。

しかしながら僕ももう大人になってしまったので(悲しいかな;;)素直に言いますと

もう少しストーリーに緩急がほしかったというのもありますし、1人1人のキャラクターに統一した雰囲気がなくて

みんな別のお話からやってきた感すらあったので、そこらへんがもっと良かったらなあと、思いました。

まあでも数十年続いてきたもののイメージを一新するなんて本当に苦行だと思いますし、

それを数年で形にしようなんて、そんなことはおこがましいことだと思います。

昔のドラえもんはもういなくて、僕らで何とかするしかない。

本当の冒険が始まったのだというのを、作っている人みんな感じていたのかもしれません。

そして新しいドラえもんは、ある意味で本当に「みんなのための」ドラえもんになろうとしているのだと思いました。




『ドラえもん のび太の新魔界大冒険 〜7人の魔法使い〜』 (2007年作品)



一転、こちらはもう大絶賛します…!!(ワーワーキャーキャーフーフー)

前年を踏まえたのか、上手い具合に昇華して戻ってきましたドラえもん!!

もう子供が見たらドキドキワクワクしまくりだったと思います。

タイトルはやはり初代を意識しての命名だったのだろうと思いますが、中身は全くの別物。

いい意味で今までのドラえもん映画らしさを壊した表現をしつつも

ドラえもんらしい細かなところは詰めない、でも抑えるところは抑えていくというざっくり楽しもうという雰囲気が終始漂っていました。

前回よかった線画やアニメーションはそのままでいてくれて、とてもよく動いてくれていましたし、

個人的には想像力を引き伸ばすには空間を歪めることがとても大きいと感じていて、

ドラえもんはそれを日常茶飯事的にやっていた(引き出しの中の時空間とか通り抜けフープとかどこでもドアとか)のを

今回の映画ではちゃんと活かしているように感じました。

今までの10倍増しで、のび太やジャイアンはめっちゃかっこええし、しずかちゃんやヒロインはめっちゃかわいい。

見た人にしか言えませんが、ちゃんと初代ドラえもんシリーズを見てきた人も喜べるようなキャラクターもいたりして、

もう『めっちゃわかってるわーさいこうやわー』と連呼したいくらいの出来でした。

むしろ今大人になってドラえもんを見たことで、子供たちが夢を見るには何が必要なのかというのを

逆に勉強させられたようにも感じました。

やっぱ大人が夢見ないとなーと気づかされたのと、夢ここにあったわというのをとても楽しく感じさせてもらいました。

いやあ、日本のアニメーションはまだ頑張れる。(もう10年前の作品だけど…。)

そう信じざるを得ません。




でもディズニーも2Dアニメーション頑張ってくれることを期待してます。(こっちも見ないとなあ)

おわり
(この後にそれぞれの映画レビュー点数をみたら僕と逆転しててうそぉってなりました。笑)


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事