FC2ブログ

佐渡一周戦線 ~2日目~

2019年09月12日 00:04

朝4時半、起床。

宿のオーナーさんによると、昔よく自転車を盗まれてたらしい玄関先に自分の自転車を確認して安堵することから一日が始まる。





信濃川のほとりにある朱鷺メッセ、のほとりにあるフェリー(写真左奥の船)に乗る。

6時出港で5時前に出たけど、それでも少し焦る。

20190813_001_R.jpg


乗る前は畳むのめんどくさいから2000円で自転車をそのまま積もうと思ってたのに、

気づいたら畳んでた。畳んだら手荷物として480円。




ウミネコさん。

20190813_002_R.jpg


朝っぱらからカッパえびせんだなんて健康によくないですよ。母より。

20190813_003_R.jpg



船内でかっぱえびせん売ってて、それを目的にウミネコがたくさん飛んでくる。

船の横を旋回して、何回も何回も食べに来る。

佐渡港かっぱえびせんエンデューロ、今日も開幕である。



たまにルール違反もする。ウミネコだもの。

20190813_004_R.jpg



20190813_005_R.jpg




フェリーに乗るのは2014年に青森~函館間に乗った以来。

何をするでもなく、というか何をするかわからずとりあえずベンチ。



乗る前にフェリー乗り場にあった手書きのかわいいパンフレットを何枚かもらっていて、

それによると佐渡島フェリー乗り場に特製ハンバーガーがあるようだ。

着いたらそれを食べよう。

それを胸に、ムシムシする海上を、サンサンと圧迫してくる太陽を見ながら、甲板のベンチでボーッっとしてる。


だが、このときすでに重大な過ちを起こしていたとは、まだ知る由もない。

20190813_007_R.jpg



着いたー!!

時間にして2時間半。実は船は得意でないが、まだ耐えられる方だ。

20190813_008_R.jpg




さてと、件のハンバーガーはっと…。

…。

よく見ると、向こうの乗り場でもらったパンフレットの見出しには「船内レストラン」の文字が。

…。

帰り食べよう。帰り。



そ、そうだ。朝ごはんを食べてなかったんだった。

グーグルマップを見渡す。ワードは「ごはん」。

どうやらフェリー乗り場の中に朝8時からやってる食堂があるらしい。

そうだよね、こうゆうところだから、ちゃんとあるよね。



~ すでに自転車を組み立てて周辺のお店を探したあとでフェリー乗り場に戻ってくる そしてそのお店の前に立つ ~


「今日は仕入れの為、朝10時開店です。」の張り紙が入り口の脇に。




うそん。

時間はこの間にも刻々と過ぎている。

今日が一番の移動距離で100キロくらいだろう。

既に9時半を回っている状態で、これ以上探してもお店に入って朝ごはん食べてだとそれこそ時間がなくなりそうだ…。


グーグルマップを見渡す。ワードは「コンビニ」。


テンションはだだ下がりである。

フェリー乗り場から1キロ弱離れたローソンで、簡単に朝ごはんを済ませ、これから走る予定の右半周(というか外側一体)にコンビニがないことは確認したので補給食も買って、しぶしぶ出発。



おけさ(佐渡の民謡と踊り)どころではないんですよ、お姉さんがた。

20190813_009_R.jpg


気分は悪いが天気はすこぶる良い。

走り始めてすぐに現れた港町独特の大通りを見て、悪い気分はどこへやら。

20190813_010_R.jpg



時刻は10時過ぎ。

これからあの山の裏側を走ってここに戻ってくる計算。

まあ最悪夜着くだけか、と諦める。

とりあえず目の前の景色が良いから良し。

20190813_012_R.jpg

20190813_013_R.jpg



というか景色が予想より遥かに良いぞ?

20190813_014_R.jpg

20190813_015_R.jpg

20190813_016_R.jpg

20190813_017_R.jpg



これは…。

これはぁぁあ~。

これです。

僕の求めていた景色はこれです。(始終ニヤニヤしている)

20190813_018_R.jpg

20190813_019_R.jpg

20190813_020_R.jpg



今までこんなにも、空と海と山と大地が一画面にハッキリと別れた景色は本当に見たことがない。

来てわかったことですが、とても田んぼが多い。そして海沿いでも崖が立ってて、だからこんな画になるんだなあ。

と、一人分析して納得していると、後ろから「どこからきた?」と声をかけられたのに気づいて振り向くと、

いかにも農業の一休みというようなおじいさんが、道路に面した家の木陰から話しかけてきた。

「今日はすごいいい景色ですね」と話しかけると、

「いや毎日いい景色だよ」と返ってきた。いやおみそれた。

おじいさんによると、昔は人口12万だったけど、今は6万ほどらしい。6万でも多いと思うけど。

20190813_021_R.jpg

20190813_022_R.jpg

20190813_023_R.jpg


覚悟はしていたけどアップダウンは結構ある。

でもさすがにこの景色を前にして(しかも時間はやはりそんなにはないので)、あまり気にならない。



のは良いんだけど、すごい暑い…。

近頃、補給はオレンジジュースがミネラルも少々の塩分も含まれてて良い、というどこかの記事を読んで

水とお茶とオレンジジュースを切らさないように、自転車を見つけては在庫を確認する。

どこにでもオレンジジュースがあるわけじゃないので、なかったらアロエジュースとかグレープフルーツジュースとか。


とある自販機でグレープフルーツジュースを買おうとしていたら、設置された家の玄関からおばちゃんが出てきて、

「今日はまたあついよ~」と、家の中にいる人につぶやいていた。

地元の人がそういうんだから、よほど暑いんだろう。

20190813_024_R.jpg


内陸に入る。

20190813_025_R.jpg



食べ物屋さんがないのはなんとなくわかってて、そのために補給食は買ってあったけど、

できるならやはりちゃんと食べたほうが良いので、「レストラン」の文字を見かけて思わず入る。

きっと今味噌汁飲んだらめっちゃ染みるだろう。

そう思ってサバ焼き定食を注文。


店内は昼過ぎでも少し薄暗く、店内は小さな子供連れの親子と、隣にカップルが座った。

自転車を漕いでる間は風のせいもあってあまり汗を感じないけど、

停まってしまうと今までの文を全部返すようにダラダラ。

絶対カップルに変なやつに見えたよ。まったくこれだから自転車旅は…。


そんな僕の気をよそに、店内は甲子園野球の放送が響く。


20190813_026_R.jpg



右側半周も内陸に入る。もうあと30キロほど。

気のせいか、海沿いより暑い。

この写真を見ただけだと全然島という感じがしない。

20190813_027_R.jpg

20190813_028_R.jpg



大きな森が多くて、ふと轍を見つける。

このままずっと走って早めに着いても良いんだけど、

自転車旅の良さってもっとこう、寄り道だと思うんです。(時間とか地形とかで実際はなかなか難しいんだけれど)


なのでガタガタ道をゆく。

田んぼでは鳶のたこが忙しそうにしている。

20190813_029_R.jpg



寄り道に気が済んだら、あとはさっさと走る。

下の写真の右にある丘の上の建物がそれ。

20190813_030_R.jpg


ホテルに着いて、お風呂と洗濯を済ませて夕飯に出る。

暗くてよくわからないけど、湾状の海に生活の明かりがたくさん跳ね返ってて2倍賑やかに見えた。

20190813_031_R.jpg



3日めに続く。




スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事